免費論壇 繁體 | 簡體
Sclub交友聊天~加入聊天室當版主
分享
返回列表 發帖
425 金山久松
(1875.1.10-1955.1.16)
官位 陸軍中将従三位勲二等功四級
陸士8期 陸大19期
出身地 富山県
明治8年1月10日生
明治27年(1894)12月1日 士官候補生
明治29年(1896)11月26日 陸軍士官学校卒業(第8期)
明治30年(1897)6月28日 陸軍砲兵少尉任官 野砲兵第9聨隊第1中隊附
明治32年(1899)1月7日 陸軍砲工学校普通科学生
明治32年(1899)11月17日 陸軍砲兵中尉昇進
明治32年(1899)12月23日 陸軍砲工学校普通科卒業(第8期)
明治33年(1900)2月20日 野砲兵第9聨隊副官
明治33年(1900)9月11日 陸軍野戦砲兵射撃学校教官兼同校教導大隊附
明治35年(1902)6月9日 野砲兵第9聨隊中隊長心得
明治35年(1902)8月9日 陸軍大学校入校
明治35年(1902)11月15日 陸軍砲兵大尉昇進 野砲兵第9聨隊中隊長
明治37年(1904)2月9日 陸軍大学校中退
明治39年(1906)3月17日 野砲兵第9聨隊附
明治39年(1906)3月20日 陸軍大学校復校
明治39年(1906)4月1日 功四級金鵄勲章
明治40年(1907)11月13日 陸軍砲兵少佐昇進 野砲兵第9聨隊附
明治40年(1907)11月30日 陸軍大学校卒業(第19期)
明治40年(1907)12月26日 対馬警備隊司令部参謀
明治42年(1909)7月24日 陸軍大学校兵学教官
明治43年(1910)10月29日 兼陸軍砲工学校教官
明治43年(1910)11月30日 陸軍野戦砲兵射撃学校教官
大正2年(1913)1月21日 陸軍砲兵中佐昇進
大正2年(1913)3月18日 兼陸軍歩兵学校研究部員
大正3年(1914)6月26日 兼陸軍野戦砲兵射撃学校教導大隊長
大正3年(1914)7月7日 兼陸軍技術審査部議員
大正6年(1917)5月2日 陸軍野戦砲兵射撃学校教導大隊長兼同校教官兼陸軍技術審査部議員兼陸軍歩兵学校研究部員
大正6年(1917)5月18日 陸軍野戦砲兵射撃学校教官兼陸軍技術審査部議員兼陸軍歩兵学校研究部員
大正6年(1917)8月6日 陸軍砲兵大佐昇進 野砲兵24聨隊長
大正8年(1919)7月25日 第9師団参謀長
大正9年(1920)2月21日 参謀本部要塞課長
大正9年(1920)6月3日 兼海軍軍令部参謀
大正9年(1920)9月7日 兼陸軍大学校兵学教官
大正10年(1921)7月20日 陸軍少将昇進 野戦砲兵第1旅団長
大正11年(1922)8月11日 野戦重砲兵第4旅団長
大正12年(1923)8月6日 陸軍野戦砲兵学校長
大正15年(1926)3月2日 陸軍中将昇進 砲兵監
大正15年(1926)4月2日 従四位
昭和3年(1928)3月8日 第12師団長
昭和3年(1928)4月16日 正四位
昭和3年(1928)4月21日 勲二等瑞宝章
昭和5年(1930)8月1日 待命
昭和5年(1930)8月29日 予備役編入
昭和5年(1930)9月26日 従三位
昭和13年(1938)4月1日 後備役編入
昭和30年(1955)1月16日 81歳で死去

TOP

426 堀田正一
(1876.3.24-没年不詳)
官位 陸軍中将正四位勲二等功五級
陸士8期 砲工高8期優等 陸大18期
出身地 山口県
明治9年3月24日生
明治27年(1894)12月1日 士官候補生
明治29年(1896)11月26日 陸軍士官学校卒業(第8期)
明治30年(1897)6月28日 陸軍工兵少尉任官 近衛工兵大隊附
明治32年(1899)1月7日 陸軍砲工学校普通科学生
明治32年(1899)11月17日 陸軍工兵中尉昇進
明治32年(1899)12月23日 陸軍砲工学校高等科学生
明治33年(1900)12月26日 陸軍砲工学校高等科卒業(第8期優等)
明治34年(1901)10月9日 陸軍大学校入校
明治35年(1902)10月23日 鉄道大隊附
明治35年(1902)11月15日 陸軍工兵大尉昇進
明治37年(1904)1月7日 工兵第2大隊附
明治37年(1904)2月9日 陸軍大学校中退
明治39年(1906)2月21日 工兵第2大隊附
明治39年(1906)3月20日 陸軍大学校復校
明治39年(1906)4月1日 功五級金鵄勲章
明治39年(1906)11月28日 陸軍大学校卒業(第18期)参謀本部員
明治40年(1907)3月27日 兼元帥副官(元帥陸軍大将山県有朋附属)
明治40年(1907)11月13日 陸軍工兵少佐昇進
明治41年(1908)1月21日 免兼元帥副官
明治41年(1908)7月15日 独国駐在(軍事研究)
明治44年(1911)2月6日 駐墺国大使館附武官輔佐官
明治44年(1911)10月2日 駐墺国大使館附武官
大正元年(1912)11月11日 参謀本部員
大正2年(1913)5月9日 陸軍工兵中佐昇進
大正2年(1913)6月25日 工兵第2大隊長
大正4年(1915)5月25日 陸軍砲工学校教官
大正4年(1915)6月15日 兼海軍大学校教官
大正5年(1916)8月18日 参謀本部要塞課長兼海軍軍令部参謀
大正5年(1916)9月8日 兼陸軍技術審査部議員
大正5年(1916)12月5日 免兼海軍大学校教官
大正6年(1917)8月6日 陸軍工兵大佐昇進
大正9年(1920)2月21日 陸軍兵器本廠附
大正9年(1920)11月1日 勲三等旭日中綬章
大正10年(1921)2月12日 工兵第8大隊長
大正10年(1921)7月20日 陸軍少将昇進 佐世保要塞司令官
大正13年(1924)2月4日 第2師団司令部附
大正15年(1926)3月2日 陸軍中将昇進 下関要塞司令官
大正15年(1926)4月2日 従四位
昭和2年(1927)7月26日 待命
昭和2年(1927)9月1日 予備役編入
昭和2年(1927)9月30日 正四位
昭和14年(1939)4月1日 後備役編入

TOP

427 宮原国雄
(1874.7.15-1971.8.26)
官位 陸軍中将正四位勲二等功五級
陸士8期優等 砲工高9期優等
出身地 広島県
明治7年7月15日生
明治27年(1894)12月1日 士官候補生
明治29年(1896)11月26日 陸軍士官学校卒業(第8期優等)
明治30年(1897)6月28日 陸軍工兵少尉任官 工兵第5大隊附
明治32年(1899)1月7日 陸軍砲工学校普通科学生
明治32年(1899)11月17日 陸軍工兵中尉昇進
明治32年(1899)12月23日 陸軍砲工学校高等科学生
明治34年(1901)12月23日 陸軍砲工学校高等科卒業(第9期優等)陸軍砲工学校員外学生
明治35年(1902)10月23日 工兵第11大隊附
明治35年(1902)11月15日 陸軍工兵大尉昇進 工兵第11大隊中隊長
明治35年(1902)12月5日 英国駐在(軍事研究)
明治37年(1904)4月6日 帰国 陸軍省出仕
明治37年(1904)6月1日 第3軍工兵部副官
明治39年(1906)2月21日 近衛工兵大隊附
明治39年(1906)2月24日 英国駐在(軍事研究)
明治39年(1906)4月1日 功五級金鵄勲章
明治40年(1907)11月13日 陸軍工兵少佐昇進
明治41年(1908)6月16日 陸軍砲工学校教官
明治41年(1908)10月9日 鉄道聨隊附
明治41年(1908)10月31日 鉄道聨隊大隊長
明治43年(1910)10月20日 陸軍砲工学校教官
明治45年(1912)2月14日 陸軍省軍務局課員
明治45年(1912)3月18日 兼陸軍技術審査部議員
大正2年(1913)5月9日 陸軍工兵中佐昇進
大正4年(1915)5月25日 工兵第2大隊長
大正4年(1915)11月7日 勲三等旭日中綬章
大正5年(1916)9月11日 陸軍技術審査部附兼議員
大正6年(1917)8月6日 陸軍工兵大佐昇進 陸軍省軍務局工兵課長兼陸軍技術審査部議員
大正10年(1921)6月28日 陸軍砲工学校教官
大正10年(1921)7月20日 陸軍少将昇進
大正14年(1925)5月1日 佐世保要塞司令官
大正14年(1925)5月25日 勲二等瑞宝章
大正15年(1926)3月2日 陸軍中将昇進 陸軍砲工学校長
大正15年(1926)4月2日 従四位
昭和2年(1927)7月26日 待命
昭和2年(1927)9月1日 予備役編入
昭和2年(1927)9月30日 正四位
昭和12年(1937)4月1日 後備役編入
昭和46年(1971)8月26日 98歳で死去

TOP

428 原口初太郎
(1876.1.29-1949.4.30)
官位 陸軍中将従三位勲二等功五級
陸士8期優等 砲工高9期 陸大19期優等
出身地 福岡県
明治9年1月29日生
父 福岡藩士常岡藤三の二男 養父 原口幸一の養子
明治27年(1894)12月1日 士官候補生
明治29年(1896)11月26日 陸軍士官学校卒業(第8期優等)
明治30年(1897)6月28日 陸軍砲兵少尉任官 野砲兵第4聨隊附
明治32年(1899)1月7日 陸軍砲工学校普通科学生
明治32年(1899)11月17日 陸軍砲兵中尉昇進 野砲兵第16聨隊附
明治32年(1899)12月23日 陸軍砲工学校高等科学生
明治34年(1901)6月20日 野砲兵第16聨隊大隊副官
明治34年(1901)12月23日 陸軍砲工学校高等科卒業(第9期)
明治34年(1901)12月27日 野砲兵第16聨隊中隊長心得
明治35年(1902)4月10日 陸軍野戦砲兵射撃学校乙種学生
明治35年(1902)6月10日 陸軍野戦砲兵射撃学校乙種学生終業
明治35年(1902)8月9日 陸軍大学校入校
明治35年(1902)11月15日 陸軍砲兵大尉昇進 野砲兵第16聨隊中隊長
明治35年(1902)12月11日 野砲兵第16聨隊附
明治36年(1903)11月18日 野砲兵第16聨隊中隊長
明治37年(1904)2月9日 陸軍大学校中退
明治37年(1904)11月13日 陸軍士官学校教官
明治38年(1905)1月4日 陸軍士官学校生徒隊中隊長兼同校教官
明治39年(1906)3月20日 陸軍大学校復校
明治39年(1906)3月28日 野砲兵第16聨隊附
明治39年(1906)4月1日 功五級金鵄勲章
明治40年(1907)11月13日 陸軍砲兵少佐昇進 野砲兵第18聨隊附
明治40年(1907)11月30日 陸軍大学校卒業(第19期優等)兼陸軍野戦砲兵射撃学校教官
明治41年(1908)6月23日 陸軍大学校兵学教官
明治43年(1910)5月28日 英国駐在(軍事研究)
明治44年(1911)11月22日 駐英国大使館附武官輔佐官
大正2年(1913)7月1日 野砲兵第13聨隊附
大正2年(1913)8月22日 陸軍砲兵中佐昇進 野砲兵第22聨隊附
大正4年(1915)6月24日 青島守備軍参謀
大正4年(1915)11月7日 勲三等旭日中綬章
大正5年(1916)2月29日 野戦砲兵監部員
大正5年(1916)5月23日 兼陸軍技術審査部議員
大正6年(1917)8月6日 陸軍砲兵大佐昇進 野砲兵第17聨隊長
大正7年(1918)11月1日 参謀本部欧米課長
大正8年(1919)1月24日 兼陸軍技術審査部議員
大正10年(1921)4月1日 駐米国大使館附武官
大正10年(1921)7月20日 陸軍少将昇進
大正10年(1921)10月8日 華盛頓会議全権随員
大正13年(1924)8月20日 参謀本部附
大正13年(1924)11月28日 勲二等瑞宝章
大正14年(1925)5月1日 野戦重砲兵第4旅団長
大正15年(1926)3月2日 陸軍中将昇進 陸軍野戦砲兵学校長
大正15年(1926)4月2日 従四位
昭和2年(1927)7月26日 陸軍砲工学校長
昭和3年(1928)8月10日 第5師団長
昭和3年(1928)9月1日 正四位
昭和5年(1930)8月1日 待命
昭和5年(1930)8月29日 予備役編入
昭和5年(1930)9月26日 従三位
昭和7年(1932)2月 衆議院議員
昭和9年(1934)4月29日 勲二等旭日重光章
昭和14年(1939)4月1日 後備役編入
昭和24年(1949)4月30日 74歳で死去

TOP

429 赤井春海
(1876.6.12-1954.12.14)
官位 陸軍中将従三位勲一等功五級
陸士9期 陸大19期
出身地 千葉県
父 赤井潔の次男
明治9年6月12日生
明治29年(1896)5月30日 陸軍中央幼年学校卒業 士官候補生
明治29年(1896)9月1日 陸軍士官学校入校
明治30年(1897)11月29日 陸軍士官学校卒業(第9期)
明治31年(1898)6月27日 陸軍歩兵少尉任官 近衛歩兵第4聨隊附
明治33年(1900)11月21日 陸軍歩兵中尉昇進
明治34年(1901)11月6日 近衛歩兵第4聨隊大隊副官
明治35年(1902)8月9日 陸軍大学校入校
明治35年(1902)11月27日 近衛歩兵第4聨隊附
明治37年(1904)2月9日 陸軍大学校中退
明治37年(1904)3月18日 陸軍歩兵大尉昇進 近衛歩兵第4聨隊中隊長
明治38年(1905)5月 陸軍士官学校教官
明治39年(1906)3月20日 陸軍大学校復校
明治39年(1906)3月28日 近衛歩兵第4聨隊附
明治39年(1906)4月1日 功五級金鵄勲章
明治40年(1907)11月30日 陸軍大学校卒業(第19期)参謀本部出仕
明治41年(1908)4月24日 参謀本部員
明治41年(1908)6月10日 兼陸軍経理学校教官
明治41年(1908)12月21日 陸軍歩兵少佐昇進
明治42年(1909)5月24日 参謀本部員兼陸軍大学校兵学教官
明治43年(1910)5月28日 陸軍大学校兵学教官
明治44年(1911)12月14日 独国駐在(軍事研究)
明治45年(1912)3月16日 歩兵第39聨隊附
大正2年(1913)2月18日 歩兵第10聨隊大隊長
大正3年(1914)8月10日 陸軍歩兵中佐昇進 歩兵第71聨隊附
大正4年(1915)8月10日 名古屋聨隊区司令官
大正6年(1917)8月6日 陸軍歩兵大佐昇進 歩兵第64聨隊長
大正7年(1918)8月19日 陸軍省人事局恩賞課長
大正8年(1919)7月25日 参謀本部編制動員課長
大正9年(1920)4月9日 兼陸軍大学校兵学教官
大正9年(1920)8月10日 参謀本部庶務課長
大正9年(1920)9月7日 免兼陸軍大学校兵学教官
大正9年(1920)11月1日 勲三等旭日中綬章
大正11年(1922)4月1日 陸軍少将昇進 歩兵第4旅団長
大正11年(1922)11月1日 勲二等瑞宝章
大正12年(1923)8月6日 朝鮮軍参謀長
大正15年(1926)3月2日 陸軍中将昇進 陸軍運輸部長
大正15年(1926)4月2日 従四位
昭和2年(1927)7月26日 第2師団長
昭和3年(1928)4月16日 正四位
昭和5年(1930)11月6日 勲一等瑞宝章
昭和5年(1930)12月22日 待命
昭和6年(1931)1月22日 予備役編入
昭和6年(1931)2月21日 従三位
昭和14年(1939)4月1日 後備役編入
昭和29年(1954)12月14日 79歳で死去

TOP

本帖最後由 jlb63716 於 2021-1-8 04:37 編輯

430 木村茂
(1873.2.11-1972.8.25)
官位 陸軍主計総監正四位勲二等功五級
陸士6期
出身地 広島県
明治6年2月11日生
明治25年(1892)12月1日 士官候補生
明治26年(1893)12月 陸軍士官学校入校
明治28年(1895)1月1日 陸軍士官学校卒業(第6期)
明治28年(1895)5月22日 陸軍步兵少尉 步兵第20聨隊附
明治30年(1897)10月25日 陸軍步兵中尉
明治32年(1899)5月4日 步兵第20聨隊大隊副官
明治33年(1900)1月11日 第10師団副官
明治35年(1902)12月3日 陸軍步兵大尉 步兵第20聨隊中隊長
明治35年(1902)12月12日 陸軍経理学校第9期監督学生入校
明治37年(1904)2月12日 陸軍一等主計 陸軍監督部員 騎兵第1聨隊附
明治39年(1906)4月1日 功五級金鵄勲章
明治39年(1906)7月1日 陸軍経理学校第1期臨時学生入校
明治39年(1906)8月1日 陸軍経理学校第1期臨時学生卒業
明治39年(1906)10月4日 陸軍会計監督部附 陸軍省経理局御用掛兼勤
明治40年(1907)5月31日 陸軍省経理局課員
明治41年(1908)4月28日 第8師団経理部員
明治41年(1908)12月21日 陸軍三等主計正
明治43年(1910)11月30日 陸軍経理学校教官
明治44年(1911)3月31日 陸軍省経理局御用掛兼勤
明治45年(1912)3月20日 第18師団経理部員
大正元年(1912)11月30日 陸軍二等主計正 朝鮮駐剳軍経理部員
大正4年(1915)12月23日 第5師団経理部長
大正6年(1917)3月27日 陸軍一等主計正
大正7年(1918)9月14日 第12師団経理部長
大正8年(1919)11月1日 陸軍被服本廠長
大正9年(1920)11月1日 勲三等旭日中綬章
大正10年(1921)6月28日 陸軍主計監
大正10年(1921)12月13日 第1師団経理部長
大正12年(1923)10月10日 陸軍経理学校長
大正13年(1924)7月26日 勲二等瑞宝章
大正15年(1926)3月2日 陸軍主計総監 待命 従四位
大正15年(1926)3月22日 予備役編入
大正15年(1926)4月21日 正四位
昭和3年(1928)11月3日 福山誠之館同窓会長
昭和11年(1936)4月1日 後備役編入
昭和47年(1972)8月25日 100歳で死去
附件: 您需要登錄才可以下載或查看附件。沒有帳號?註冊

TOP

本帖最後由 jlb63716 於 2021-3-20 07:34 編輯

431 谷林徳太郎
(1870.10.9-1942.1.8)
官位 陸軍主計総監正四位勲二等功五級
出身地 東京府
明治3年9月15日生
明治30年(1897)12月3日 陸軍三等軍吏 築城部長崎支部附
明治31年(1898)10月10日 陸軍大臣官房附
明治33年(1900)5月4日 近衛師団経理部員
明治33年(1900)9月24日 陸軍省経理局附
明治34年(1901)11月3日 陸軍二等軍吏
明治35年(1902)3月29日 陸軍経理学校監督講習学生入校
明治35年(1902)8月30日 陸軍経理学校監督講習学生卒業 陸軍二等副監督 陸軍省経理局附
明治36年(1903)5月1日 陸軍会計監督部員
明治36年(1903)12月1日 陸軍二等主計 陸軍省経理局一等主計課員心得兼陸軍監督部員
明治37年(1904)7月25日 陸軍一等主計 陸軍省経理局課員
明治39年(1906)3月8日 英国駐在(経理事務研究)
明治39年(1906)4月1日 功五級金鵄勲章
明治41年(1908)6月5日 陸軍会計監督部附
明治42年(1909)5月25日 陸軍経理学校附兼第1師団経理部附
明治42年(1909)9月20日 陸軍省経理局課員兼陸軍経理学校教官
明治42年(1909)11月30日 陸軍三等主計正
明治44年(1911)8月14日 兼陸軍会計監督部員
大正2年(1913)5月8日 陸軍経理学校教官兼陸軍省経理局課員
大正2年(1913)11月15日 陸軍二等主計正
大正2年(1913)12月9日 兼陸軍大学校教官
大正4年(1915)8月10日 陸軍省経理局課員
大正4年(1915)11月7日 勲三等旭日中綬章
大正6年(1917)3月27日 第15師団経理部長  
大正6年(1917)8月6日 陸軍一等主計正
大正7年(1918)7月24日 青島守備軍経理部長
大正7年(1918)11月21日 青島守備軍民政部御用掛
大正8年(1919)4月21日 陸軍省経理局主計課長
大正10年(1921)7月20日 陸軍主計監 朝鮮軍経理部長
大正12年(1923)10月10日 陸軍東京経理部長
大正13年(1924)5月31日 勲二等瑞宝章
大正13年(1924)12月20日 関東軍経理部長
大正15年(1926)3月2日 陸軍主計総監
大正15年(1926)3月26日 従四位
大正15年(1926)3月27日 待命
大正15年(1926)3月30日 予備役編入
大正15年(1926)4月29日 正四位
昭和8年(1933)4月1日 後備役編入
昭和17年(1942)1月8日 73歳で死去

TOP

本帖最後由 jlb63716 於 2021-8-23 03:06 編輯

432 岡田勝男
(1866.11.7-没年不详)
官位 陸軍獣医総監正四位勲二等功四級
東大獣医
出身地 東京府
慶応2年10月1日生
明治25年(1892)3月 東京帝国大学農科大学獣医学科入学
明治27年(1894)7月10日 東京帝国大学農科大学獣医学科卒業
明治27年(1894)9月25日 陸軍三等獣医 近衛騎兵大隊附
明治30年(1897)10月25日 陸軍二等獣医
明治33年(1900)11月12日 陸軍一等獣医
明治36年(1903)11月20日 東京砲兵工廠御用掛兼勤  
明治38年(1905)3月4日 陸軍三等獣医正
明治39年(1906)4月1日 功五級金鵄勲章
明治41年(1908)5月14日 陸軍獣医学校附
明治41年(1908)6月13日 第8師団獣医部長
明治41年(1908)12月21日 第3師団獣医部長
明治42年(1909)11月30日 陸軍二等獣医正
大正4年(1915)2月19日 近衛師団獣医部長兼陸軍大学校教官
大正4年(1915)8月10日 陸軍一等獣医正
大正6年(1917)12月25日 免兼陸軍大学校教官
大正9年(1920)11月1日 勲三等旭日中綬章
大正10年(1921)7月20日 陸軍獣医監 第1師団獣医部長
大正13年(1924)12月25日 勲二等瑞宝章
大正14年(1925)5月1日 従四位
大正15年(1926)3月2日 陸軍獣医総監 陸軍獣医学校長
昭和3年(1928)10月23日 後備役編入
昭和3年(1928)11月18日 正四位
昭和8年(1933)4月1日 退役

TOP

本帖最後由 jlb63716 於 2021-9-11 04:02 編輯

433 可児悌二郎
(1867.2.24-没年不详)
官位 陸軍獣医総監正四位勲二等功四級
東大獣医
出身地 東京府
慶応3年1月19日生
父 東京府士族田村清胤の二男 可児純一郎の養子
明治25年(1892)7月10日 東京帝国大学農科大学獣医学科卒業
明治27年(1894)5月18日 陸軍三等獣医 騎兵第6大隊附
明治29年(1896)1月20日 三木木軍馬育成所附
明治29年(1896)5月11日 軍馬補充部三木木支部附
明治29年(1896)11月5日 陸軍二等獣医
明治31年(1898)10月1日 陸軍獣医学校一等獣医教官心得
明治31年(1898)11月1日 陸軍騎兵実施学校一等獣医教官心得兼勤
明治32年(1899)11月2日 陸軍一等獣医 陸軍獣医学校教官兼陸軍騎兵実施学校教官
明治34年(1901)1月23日 陸軍騎兵実施学校附兼同校教官兼陸軍獣医学校教官
明治37年(1904)11月25日 陸軍三等獣医正
明治38年(1905)12月23日 陸軍騎兵実施学校附兼同校教官
明治39年(1906)4月1日 功四級金鵄勲章
明治39年(1906)6月1日 陸軍獣医学校教官
明治39年(1906)6月13日 陸軍士官学校教官兼勤
明治39年(1906)11月30日 陸軍騎兵実施学校教官兼勤
明治40年(1907)9月6日 陸軍騎兵実施学校附兼同校教官兼陸軍獣医学校教官
明治41年(1908)4月28日 免兼陸軍士官学校教官
明治42年(1909)8月17日 陸軍二等獣医正 第15師団獣医部長
明治43年(1910)11月30日 陸軍省軍務局課員
大正2年(1913)9月6日 陸軍一等獣医正 第1師団獣医部長
大正9年(1920)8月10日 陸軍獣医監
大正9年(1920)11月1日 勲三等旭日中綬章
大正10年(1921)1月6日 浦塩派遣軍獣医部長
大正11年(1922)2月23日 勲二等瑞宝章
大正11年(1922)11月1日 勲二等旭日重光章
大正11年(1922)11月6日 陸軍獣医学校附
大正12年(1923)8月6日 近衛師団獣医部長
大正12年(1923)12月20日 従四位
大正15年(1926)3月2日 陸軍獣医総監 待命
大正15年(1926)3月22日 予備役編入
大正15年(1926)4月21日 正四位
昭和5年(1930)4月1日 後備役編入
昭和9年(1934)4月1日 退役

TOP

本帖最後由 jlb63716 於 2020-11-25 09:19 編輯

434 牧達之
(1872.8.2-1946.2.2)
官位 陸軍中将正四位勲二等功五級
陸士5期
出身地 石川県
明治5年6月27日生
明治24年(1891)12月1日 士官候補生
明治25年(1892)11月 陸軍士官学校入校
明治27年(1894)7月27日 陸軍士官学校卒業(第5期)
明治27年(1894)9月29日 陸軍歩兵少尉任官 歩兵第6聨隊附
明治29年(1896)11月5日 歩兵第41聨隊附
明治30年(1897)10月25日 陸軍歩兵中尉昇進
明治31年(1898)12月8日 歩兵第41聨隊大隊副官
明治32年(1899)5月4日 仙台陸軍地方幼年学校生徒監
明治34年(1901)5月4日 陸軍歩兵大尉昇進 歩兵第41聨隊中隊長
明治39年(1906)3月1日 歩兵第41聨隊附
明治39年(1906)4月1日 功五級金鵄勲章
明治39年(1906)4月16日 歩兵第41聨隊中隊長
明治39年(1906)9月28日 歩兵第41聨隊副官
明治40年(1907)11月13日 陸軍歩兵少佐昇進 歩兵第11聨隊附
明治41年(1908)12月21日 第5師団副官
大正3年(1914)8月10日 陸軍歩兵中佐昇進 歩兵第11聨隊附
大正3年(1914)11月22日 臨時陸軍検疫所員
大正5年(1916)4月10日 高知聨隊区司令官
大正6年(1917)8月6日 陸軍歩兵大佐昇進
大正7年(1918)7月24日 歩兵第21聨隊長
大正9年(1920)4月1日 歩兵第75聨隊長
大正9年(1920)12月25日 勲三等旭日中綬章
大正11年(1922)6月3日 陸軍少将昇進 歩兵第30旅団長
大正13年(1924)8月20日 近衛歩兵第1旅団長
大正14年(1925)5月1日 近衛師団司令部附
大正15年(1926)4月26日 勲二等瑞宝章
大正15年(1926)7月28日 陸軍中将昇進 第5師団長
大正15年(1926)8月16日 従四位
昭和3年(1928)8月10日 待命
昭和3年(1928)8月29日 予備役編入
昭和3年(1928)9月28日 正四位
昭和10年(1935)4月1日 後備役編入
昭和14年(1939)4月1日 退役
昭和21年(1946)2月2日 75歳で死去

TOP

返回列表